ホーム » スポンサー広告 » 若者が敬遠する「辛み」「苦味」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

若者が敬遠する「辛み」「苦味」

すし店では、わさび抜きを注文する若者が
増え、本来刺激があってこそ効果がある
だろうと思える眠気覚ましのガムにも
刺激を抑えた商品が発売されているそうです。


わさび抜きを注文する若者の中には
「わさびを付けて食べた事が無い」と
話す人もいるらしく、子供の頃の
味覚や嗜好のままで成長して


いわゆる「大人の味」が苦手になって
しまっているんでしょうね。
ただ、辛みや刺激を感じるのは「痛覚」
や「温度覚」という所で感じるものなので


甘さなどを感じる「味覚」とは異なる
そうなので、辛いものが食べられない
からと言って味覚障害ではないそうです。


わさび抜きのお寿司ですが、本来わさびは
生ものの寿司ネタの殺菌効果のために
付いているものだと子供の頃に
教えられ記憶があります。


ある程度の年齢になったら、子供達にも
なぜお寿司にわさびが付いているのか?
なんていうお話も、家庭でしてもらえたら


今あえて取り上げられている「食育」なども
自然に身に付いてくるのではないでしょうか。

関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。