ホーム » スポンサー広告 » 無添加みその無添加の意味は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

無添加みその無添加の意味は?

食品の表示方法については今のところ

△日本農林規格(JAS)
 原材料や賞味期限などを定めている
△食品衛生法
 添加物やアレルギー物質などを表示
△景品表示法
 誇大表示を禁止する
△健康増進法
 栄養成分などを表示

上のような法律があって、一元化はされていません。


そこでみそ業界では独自に「無添加」表示について
法律を踏まえた上で厳しい規定を設けたそうです。


みそに「無添加」と表示されている場合は
みそ造りに必要な伝統的な材料(大豆、穀類
食塩、種麹菌)以外使用していない。


また、製造過程でも原材料の段階でも食品添加物を
使っていない、ということを意味しているそうです。


みそに限ってはこれを知れば安心して選ぶことが
出来ますが、他の食品ではどうなっているんでしょうか?


食品や清涼飲料水に「着色料不使用」「保存料不使用」と
表示されている場合、この商品だけが画期的な技術で
不使用を実現した、と消費者に印象付けそうですが
そうではない場合が多く


消費生活アドバイザーのお話では
「他の製品に比べて不使用と表示している商品が
優れていると誤解を与える。また一方で
保存料や着色料が無しでもそういう表示をしていない
商品もあり、その場合は安全でないと誤解されてしまう
可能性がある」


安全で安心出来る食品を買いたい消費者のためにも
もっと分かりやすい表示方法を規定するような
法律の一元化を早く実現して欲しいものです。
関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。