ホーム » スポンサー広告気になったこと » 福祉機器の最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

福祉機器の最新情報

東京・有明の東京ビッグサイトで「国際福祉機器展」が
開かれ、今年で37回目で17カ国、2万点が
展示されたそうです。

試乗待ちの列が絶えないくらいの人気だったのが
オート三輪の「ホイールチェアビークル」
車椅子に乗ったまま乗車できて公道も走れるそうです。

発売元によりますと、来年4月頃に50万~60万円で
発売予定だそうです。

イージーライダーに出てくるバイクのようにも
みえてカッコいいです。
普通運転免許が必要で、最高40キロまで出るそうです。


それから、片足がまひした人向けの足漕ぎ車椅子。
「新ペダモ」という名前で動かせる側の脚で
ペダルを踏み込み前進させる仕組みです。
製造元はフランスベッドです。


他にも生活を便利にする商品も多くあったそうです。


クリップ式の靴べらは手を添えずに靴が履ける靴べらで
靴の後ろにクリップで留めてかかとを靴べらに沿って
滑らせるだけです。


義足やまひのある人の他、妊婦さんなどかがみづらい人
にも便利でしょう。


病気になっても以前のように暮らしを楽しむための
商品も目立ったようで、付け髪付きの帽子や
おしゃれで着脱も簡単な「着やすいボレロ&マフラー」
「らくらくベスト&ひざ掛け」など数多く展示されていた
ようです。


出展された商品の特徴としては、安全や安心をコンセプトに
した製品が増えてきて、健常者にも使いやすい
ユニバーサルデザイン的なアイデア商品も目立って
いるようです。


ユニバーサルデザインと聞くと、ちょっと可愛くて
温かみのあるデザインのものが多いように思います。
機能とともにぬくもりも感じられたなら、毎日の
生活もとげとげしくならずに過ごせそうな気がします。


最新福祉機器情報はこちらでも紹介されています。→保健福祉広報協会


関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。