ホーム » スポンサー広告気になったこと » 高齢者のオムツを外すためにすべきこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

高齢者のオムツを外すためにすべきこと

高齢者の場合、病気で入院したことがきっかけとなって
オムツを付けるようになる事が多いと思います。


でもそれって本当にオムツが必要でそうなったのでしょうか?
病気によっては、例えば下半身の完全な麻痺とかだと必要だと思いますが。


毎日食事をしてその結果もよおす尿意、便意。
そういう感覚って病気によって簡単に無くなってしまうものなのでしょうか。


実際に介護をしている訳ではないので、現場を知りませんが
手が足りないがために、オムツに頼らざるを得ない、そうなのでは?


今朝の新聞で見かけた記事で、特養ホームのお年寄りに尿意、便意の
感覚が戻ってオムツが外れていく体験をまとめた本が紹介されていました。


今家庭で職場で介護をされている方達の参考になればと思って
紹介します。


完全図解 新しい介護 (学術図書メディカル)
の中の「尿意回復ステージ」に
まとめられているそうです。



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。