ホーム » 2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

祇園・清水周辺でも路上でタバコが吸えなくなりそうです

全国で路上喫煙を禁止する条例が増えていますが
京都市も市条例による路上喫煙禁止区域を
拡大する方針を決め、審議会に諮問したそうです。


拡大される見込みの禁止区域は
多くの観光客が訪れる祇園・清水地域や
京都駅周辺です。


審議会ではほぼ承認される見通しで、市長による
告知後、半年の周知期間を経て施行されるようです。
違反者からは過料1000円を徴収します。


京都市は2007年に路上喫煙を禁じる条例を
施行し、対象地域を繁華街を中心に設定して
2008年6月から過料の徴収を始めました。


その結果の調査によりますと、それ以降に歩きタバコを
する人が禁止区域内で8割減り、区域外でも
半減しているそうです。


喫煙者にとってはますます肩身が狭くなってきましたね。
これを機会に禁煙をする人も増えるかもしれないですね。

スポンサーサイト

「オー!マイキー」の展覧会

マネキンを使ったショートドラマ「オー!マイキー」を
ご存知ですか?日本で暮らすアメリカ人一家の物語です。
登場人物はすべてマネキン人形で
2000年からテレビで放映されていました。


監督、脚本、編集は京都市出身の現代美術家の
石橋義正さんで、アメリカやフランス、韓国でも
放送されていたそうです。


京都は国内初のマネキン製造企業の「島津マネキン」の
創業地でもあるそうで、戦争中には一旦制作は終了
しましたが、戦後再興されて現在も大手の会社が
集まっているそうです。


そんな京都にゆかりのあるマネキン人形ですが
今回の展覧会はテレビ放映開始10周年を記念した
もので、京都国際マンガミュージアム(中京区)で
2月6日まで開催されています。


ちなみに、「オー!マイキー」の作品のマネキンも
「吉忠マネキン」(中京区)が作ったものだそうです。



入館料  大人500円・中高生300円
     小学生100円

京都国際マンガミュージアム
☎075・254・7414

不要な文具求む!20日まで

家庭内で不要になった鉛筆、三角定規
コンパスなどを店頭で回収している
「えんぴつ大使キャンペーン」が
20日まで実施されています。


これは発展途上国の子供たちの
教育を支援しようと、京都府内の
文具店で作っている「京都文紙
事務用品協同組合」が行なっています。


2004年から同組合が実施しているもので
毎年約100キロ分の文具が集まっている
そうです。


「現地では文房具の需要が高く、継続して
活動することで子供たちに非常に喜んで
貰っているので、机の引き出しに眠る
文房具をぜひ届けて欲しい」と
同組合の青年部長さんのお話でした。


なお鉛筆の場合は(色鉛筆でも可)
未使用かほとんど使っていないものが
対象になるそうです。
京都府内約100店の加盟店で受け取って
います。


「えんぴつ大使キャンペーン」の
お問い合わせは「タケウチ」
電話 075・841・3105



集まった文房具はNPO法人「テラ・ルネッサンス」
(京都市伏見区)を通じて3月にカンボジアの
児童らに届けられるそうです。


またこちらの法人では、書き損じのはがきや
使用済みのインクカートリッジの回収も
行なっているそうです。

今年の恵方は南南東やや右だそうです

2月3日は節分です。
今年の恵方は南南東だそうです。


去年は変わり恵方巻きの記事を書きましたが
今年は愛犬と一緒に食べられる恵方巻きを
見つけました。


29Qランドの恵方巻き


こちらのサイトを見ますと、今年の恵方は
南南東やや右と書かれていました。
この微妙な方角はどうして決められたのでしょうね?

嵐電(京福電鉄)が八百屋さんに

嵐電の愛称で知られている京福電鉄の
四条大宮駅と嵐山駅で、電車の車両を
活用した「八百屋」さんがオープンしました。


京都市内二つのJAなどが作っている
「京の旬野菜協会」と京都市が京福電鉄と
協力して実現したものです。


九戸の農家が作る九条ねぎや聖護院かぶら
畑菜(はたけな)などの旬の京野菜を
販売しています。


話題性でお客を呼ぼうという試みだそうですが
新鮮な京野菜も買えるということで好評なようです。


毎週火・木曜日に四条大宮駅で
午前11時半~午後1時に営業した後に
お客さんを乗せずに嵐山駅まで運行して
嵐山駅で午後1時半~午後3時まで開店。


ふたたび四条大宮駅へ戻って
午後3時半~午後4時半まで営業します。


なお売り切れ次第「八百屋」さんは終了で
入場券は必要ないそうです。


なかなか面白そうですが、どんな人が買えるのか?
と考えると限られてくるような気がしますが・・・
運良く居合わせた観光客の人かもしくは
近くの地元の人?


でも、話題性でお客を呼ぶ試みなので
クチコミで広がって「八百屋」専用車両なんていうのが
毎日走るようになったら利用客も増えそうな気がしますが。


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。