ホーム » 2010年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

チャルメラのおじさんリニューアル

明星食品のインスタントラーメン「チャルメラ」の
キャラクターのおじさん。1966年に発売された
そうですので、国民的アイドルといってもおかしくないのかも。


このおじさんの着ているものも時代と共に変わっていったようです。
以前のおじさんのズボンには”つぎはぎ”があったそうです。
今の子どもたちは”つぎはぎ”なんて見たこともないでしょうね。





今回のリニューアルでは、無精ひげをそってこぎれいなおじさんに
なって、草履もスニーカーに変わるそうです。
そして、いつもそばにいた黒猫さんもいなくなるそうです。


このリニューアルはもともとは商品の内容変更によるもので
スープの味ごとにめんの太さを変えたり、スープのホタテの
美味しさを強くしたりと、こだわりラーメンに刷新されるそうです。


新しいおじさんが見られるのは9月1日から。
スポンサーサイト

「とろなまドーナツ」ってなに?

ドーナツブームから数年経って、定着したかのように見えた
ドーナツ界に新しい波が来そうです。


この「とろなまドーナツ」は、愛知県のスイーツブランド
『Love Sweets ANTIQUE(ラブ スイーツ アンティーク)』
が開発した新商品で、スポンジとムースの2層に分かれている
というケーキです。


なので厳密にいえばドーナツとは言えないのかも?
でも「とろなまドーナツ」とネーミングされた時点で
もうドーナツの仲間入りです。


中部地方では『セントレア』ですでに限定販売を開始しているそうです。
まだまだ残暑が厳しい毎日にひんやりドーナツは嬉しいですね。


でもこのネーミング「とろなまドーナツ」を「のろまなドーナツ」と
読んだのは私だけ?

高齢者のオムツを外すためにすべきこと

高齢者の場合、病気で入院したことがきっかけとなって
オムツを付けるようになる事が多いと思います。


でもそれって本当にオムツが必要でそうなったのでしょうか?
病気によっては、例えば下半身の完全な麻痺とかだと必要だと思いますが。


毎日食事をしてその結果もよおす尿意、便意。
そういう感覚って病気によって簡単に無くなってしまうものなのでしょうか。


実際に介護をしている訳ではないので、現場を知りませんが
手が足りないがために、オムツに頼らざるを得ない、そうなのでは?


今朝の新聞で見かけた記事で、特養ホームのお年寄りに尿意、便意の
感覚が戻ってオムツが外れていく体験をまとめた本が紹介されていました。


今家庭で職場で介護をされている方達の参考になればと思って
紹介します。


完全図解 新しい介護 (学術図書メディカル)
の中の「尿意回復ステージ」に
まとめられているそうです。



所ジョージさんもかかった熱中症

今年は熱中症で救急搬送される人数がハンパじゃないそうです。


3日には所ジョージさんが、あの本も出ている「世田谷ベース」の
畑で作業したあとに気分が悪くなって、自分で救急車を呼んだそうです。
点滴をうけて大事には至らなくて良かったですが。


外で働いている人だけではなくて、家や室内でも危険性はあるという事ですね。


とくに高齢者の方の事故が多いですね。
高齢者の方は動くことが少なく、室内でじっとしていると
暑さもあまり感じないのでしょうか?

室温28度、湿度70%超で冷房が必要だそうです


それからこまめな水分補給も必要です。
のどが乾いてから水分をとっても手遅れだそうです。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。