ホーム » 食

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

今年の恵方は南南東やや右だそうです

2月3日は節分です。
今年の恵方は南南東だそうです。


去年は変わり恵方巻きの記事を書きましたが
今年は愛犬と一緒に食べられる恵方巻きを
見つけました。


29Qランドの恵方巻き


こちらのサイトを見ますと、今年の恵方は
南南東やや右と書かれていました。
この微妙な方角はどうして決められたのでしょうね?

スポンサーサイト

無添加みその無添加の意味は?

食品の表示方法については今のところ

△日本農林規格(JAS)
 原材料や賞味期限などを定めている
△食品衛生法
 添加物やアレルギー物質などを表示
△景品表示法
 誇大表示を禁止する
△健康増進法
 栄養成分などを表示

上のような法律があって、一元化はされていません。


そこでみそ業界では独自に「無添加」表示について
法律を踏まえた上で厳しい規定を設けたそうです。


みそに「無添加」と表示されている場合は
みそ造りに必要な伝統的な材料(大豆、穀類
食塩、種麹菌)以外使用していない。


また、製造過程でも原材料の段階でも食品添加物を
使っていない、ということを意味しているそうです。


みそに限ってはこれを知れば安心して選ぶことが
出来ますが、他の食品ではどうなっているんでしょうか?


食品や清涼飲料水に「着色料不使用」「保存料不使用」と
表示されている場合、この商品だけが画期的な技術で
不使用を実現した、と消費者に印象付けそうですが
そうではない場合が多く


消費生活アドバイザーのお話では
「他の製品に比べて不使用と表示している商品が
優れていると誤解を与える。また一方で
保存料や着色料が無しでもそういう表示をしていない
商品もあり、その場合は安全でないと誤解されてしまう
可能性がある」


安全で安心出来る食品を買いたい消費者のためにも
もっと分かりやすい表示方法を規定するような
法律の一元化を早く実現して欲しいものです。

それってどっちなの?って言いたくなるネーミング

桃屋から発売されて今話題のようです。
その名も”辛そうで辛くない少し辛いラー油”


普通のラー油といえば、ギョーザ、ラーメン等に
添える調味料ですが、このラー油はちょっと
こだわって、そのままで食べても美味しいそうです。


フライドオニオン、フライドガーリックが入って
旨さと食感が楽しめるようにできている。
これがウリのようです。


レシピ集を見ると、炒め物をはじめ、トースト
丼物、うどん、そしてもちろんラーメン。
ちょっと大げさですが、今までのラー油の
常識を破った使い方ができそうです。


ともかく、まずは試してみる、ということでしょうね。

新しいエコ生活の方法・その3

赤星たみこさんのエコ生活方法の三つめです。
掲載されていたのはこれだけでしたが
また見つけたらお知らせします。


では、次はご飯の炊き方です。
炊飯器ではなくお鍋で炊く方法です。


普通にお鍋でご飯を炊く時は、煮立つまでは
吹きこぼれないように火加減をしなくては
だめでしたが、この方法だと一気に炊けてしまい


しかも短時間で、おいしさを逃がさずに、と
いいことずくめで、すぐに試してみたい方法です。


ただ保温はできないので、食べる分だけ炊く事が
必要です。でも冷めたご飯もおいしく炊けていれば
また違ったおいしさがあるものですが・・・。



ではお鍋でご飯を炊く方法です。

・洗ったお米をザルに入れて水気を切る。

・鍋にお米を入れて、お米の1.2倍の水を入れる。
  米3合(540cc)なら水648cc
  米5合(900cc)なら水1080cc

・鍋のふたを逆にかぶせて重しをして、15分強火で炊く。
  重しをしないとおいしい”おねば”が吹きこぼれる。
  重しは水を入れた鍋でよい。

・その後は10分ほど蒸らすと出来上がり。



炊きあがりの時間は各家庭で違ってくるので
実験感覚で一番おいしく炊ける時間を見つけてください。


そして、鍋にはった水も温まっているので、赤星さんは
そのお湯をお味噌汁に活用されているそうです。


最初からお水の中に昆布を入れておけば
もっと簡単に出汁もとれますね。
短時間で吹きこぼれも心配しなくて、おまけに
お味噌汁までできてしまう。


これはすぐに取り入れられる方法ですね。


ポリフェノールを身近に取るには?

フランス人に心疾患の死亡率が低いのは
赤ワインを良く飲むので、ワインに含まれる
ポリフェノールの摂取量が多く


ポリフェノールが健康維持に効果があると
わかってブームにもなりました。


では日本ではどんな飲料からポリフェノールを
取っているのでしょうか?


調べた結果、日本茶やコーヒーからが多く
一日当たりの総ポリフェノールの8割を
飲料で取っている事がわかりました。


その中でも半分をコーヒーが占めていました。
日本茶を飲む人が多いように思いますが
ポリフェノールが多く含まれているのは
コーヒーでした。


コーヒーの成分の中で、苦味の成分がクロロゲン酸で
このクロロゲン酸がポリフェノールです。


ポリフェノールの働きというのは
例えば、動脈硬化の主な原因である
悪玉コレステロールの酸化を抑える抗酸化作用です。


一日当たりに必要なポリフェノールの量は
科学的な適正量はわかっていないそうですが
1000~1500ミリグラムが妥当では?
と推定されています。


ただ何事もバランスが大切ですので
単にポリフェノールをたくさん取れば
健康になれるという事ではないので


健康維持の基本は、バランスのとれた食事
適度な運動、ストレスのない生活。


そして、そのうえで香りのよいコーヒーを
くつろぎながら味わって飲む。


その結果、ポリフェノールも摂取できる
というのが一番なのでは、と思います。


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。